Archive for the ‘オーダーメイドドレスギャラリー’ Category

【フルオーダーメイドウエディングドレス】

9月の良い季節に軽井沢で挙式をされた、とてもセンスの良い、素敵な花嫁様です。
ご自身で、どうしても「このデザインのドレスが着たい」という
はっきりとしたご希望をお持ちの上、足をお運びくださいました。

フワフワとしたデコラティブなドレスでは無いので、
市販では絶対に見つからないというデザインです。
具体的には、、、

・品よくガーデンウエディングに似合うイメージ。
・風が吹くと裾がなびき、スリットから足が見えるという個性的なスカート。
・身頃も全体的に透けていて、レースをあしらって必要な箇所を隠す。
・セクシーになり過ぎない。

その他、襟ぐりやお袖の長さ等についても、
たくさんの資料をお持ち下さいましたので、お打合せはとてもスムーズでした。


※クリックすると画像が大きくなります

—————お客様の声—————
K様:お久しぶりです
先日はお世話になりました。
9月の式当日は天候にも恵まれ、
とてもいい式になりました。
写真を同封しますので、必要なやつを
HPに載せていただいて結構です。

新婚旅行には訳あって持っていけなかったので、
来年あたりに沖縄とかです写真を撮ろうかなと思っています。

今まで自分の為にオーダーメイドで作るという事がなく、
初めてだったのでちょっとゼイタクしすぎかなとも
思いましたが、自分の為だけのウエディングドレスはやっぱり格別でした。

自分の頭の中の考えを形にするのは
思ったより難しく色々ムリも言ってしまいましたが、
親身になって聞いていただきありがとうございました。

これからもお忙しいとは思いますが、
お体に気をつけて無理されぬようにして下さい。
本当にありがとうございました。

.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.

使用したのは、サテンオーガンジーという、透け過ぎない、光沢の美しい透け素材です。
適度に張りもある素材なので、フロントは軽やかに、
バックは絶対に透けず、少しだけボリュームを持たせるのに適しています。
身頃のレースを縫い留める位置や、ベルトの太さについても、細かくお打合せしながら決めました。


※クリックすると画像が大きくなります


※クリックすると画像が大きくなります

とてもお似合いで、O様のイメージにぴったりです。
ご満足いただけて、とても嬉しく思います。

この度は本当にありがとうございました。
どうぞ、末永くお幸せに!

∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵

フルオーダーメイドドレスが出来るまで>>

フルオーダーメイドドレス実例集はこちら>>

∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵



【日本を代表する漫画家、矢沢あいさんの代表作、人気コミック「パラダイス キス」】

Wedding-blue-dress-Paradise-Kiss

日本を代表する漫画家、矢沢あいさんの代表作、人気コミック「パラダイス キス」

「Paradise Kiss」は、山田優さん主演でテレビアニメ化、
北川景子さん主演で実写映画化もされ、話題になりました。

S・J様は、主役の早坂紫が
ファッションショーのランウェイを華麗に歩くブルーのドレスに憧れ、
ご自身のご結婚式のお色直しドレスに是非、
このドレスをお召しになりたいと当店にご依頼をいただきました。

実写化のドレスは、コミック内のドレスに少々アレンジが加わっていますが、
S・J様のドレスは、コミック内のデザインを忠実に再現いたしました。

生地のお色もご自身で選ばれ、本当にそっくりなドレスに仕上がりました。

Wedding-blue-dress-Paradise-Kiss2

ベースのドレス本体は、当店でお作りいたしましたが、なんと、
キラキラとした刺繍はすべてS・J様ご自身によるものです。

初めてのご経験だったそうですが、とても根気よく、頑張られたと思います。

また、造花製の青いネックドレスも、ご自身で制作されました。

素晴らしいですね。

Wedding-blue-dress-Paradise-Kiss3

ご長身で、スタイルも抜群で、まるでモデルさんのようです。

良くお似合いで、「夢が叶って、本当に良かった」と、制作者も感動しております。

どうぞ、末永くお幸せに!

.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.

夢の世界へはこちらから>>

オーダーメイドドレスが出来るまで>>

オーダーメイドドレス実例集はこちら>>

∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵

オーダードレス・ベール・小物などを自社アトリエで制作し、
その他花嫁のお支度に必要な個性溢れるオリジナルアイテムを
低価格で取り揃えたウエディング専門ショップ

∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴

有限会社 花嫁サロン
ドレス工房 アトリエマティナル
〒371‐0056 群馬県前橋市青柳町463-8 TEL:027-289-8340

【【本店サイト】http://www.atelier-matinal.com/
【本店ブログ】http://hanayomesalon.com/blog/
【Facebook】ウエディングドレス職人のページ
(www.facebook.com/weddingdress.factory)
【twitter】@HanayomeSalon_r
【instagram】@hanayomesalon_h

Facebookでシェアする

【母のドレスをリメイク(デザイン変更)/オーダーメイド和風ちりめんカラードレス/パフスリーブ/リボン型のボンネ(ヘッドドレス)】

【母から娘へ】

お母様のドレスを今風のデザインに変更
スカートは既存ドレスのスカートをそのまま使用
身頃は新たにハートシェイプのビスチェをお作り直し
お花のパーツやラインストーンも無駄にせず、デコルテのトップラインや、ウエストの切り替えラインにお留めしました。
似ているオーガンジー生地とサテン地でトレーンを作成
更に既存ドレスのお袖で、取り外し可能なパフスリーブもお作りしました。
既存ドレスのベルトは、リボン型のボンネ(ヘッドドレス)にリメイク

   

【オーダーメイドドレス:和風ちりめん】

声楽をやっていらっしゃる花嫁様です。
ウエディングドレス、カラードレスの高額なレンタル代が
もったいないとのお考えでした。
今後、声楽の舞台に立たれる際にも、カラードレスをお召しになる
機会があるとの事で、オーダーメイドでお作りになる事にされました。
生地でお迷いになれましたが、和風のちりめん素材を使用した
素敵なカラードレスになりました。
末永くお召しいただけるよう、濃いめの紫色を使用して、
落ち着いた中にも華やかさがあります。

—————お客様の声—————

お久しぶりです。
寒くなりましたが、皆様お元気ですか?
私たちは無事10月26日に結婚式を挙げることができました。
準備~当日~片づけと慌ただしい日々でしたが、式から1か月が過ぎ、やっと落ち着いた生活に戻ったような印象です。
ドレス制作、大変お世話になりました。
カラードレスでは、生地選びなどワガママを聞いて頂き申し訳なく思います。
最初はチェックからとお願いしましたが、ちりめんになり和風の素敵なドレスを作って頂き感謝しています。
ゲストの皆さんからも、「珍しいドレス」「和風でステキ」ととても好評でした。
また、カラーのみではなく、母のドレスのリメイクも、ありがとうございました。
「リメイクとは思えない程今っぽい」「よく似合っている」とこちらも好評でした。
また、ブーケのリボンやパフスリーブなど、小物も作って頂き、ドレスと小物の統一感を出すと共に、
2つの雰囲気(パコダスリーブで)を味わうことができました。
正面、後ろ姿など、写真を何枚か同封させていただきます。よかったらご覧ください。
まとまらない手紙となってしまいましたが・・・。

古川様、マリ様、花嫁サロンの皆様に
すてきなクリスマスがおとずれますように。

.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.

母から娘へ受け継がれるウエディングドレス、ムービー配信中!

 

★オーダーメイドドレスが出来るまで★

★オーダーメイドヘッドドレス★

★その他のオーダーメイド小物★

★タイプ別ドレスリメイクはこちら★

★オーダーメイド・プラスワンアイテムの実例集はこちら★

【ウエディングドレス デザインからフルオーダーメイド】

—————お客様の声—————

J様:
結婚式大成功でした
作っていただいたドレスほんとにキレイでした★
ボンネもほんとにほんとに可愛くて(≧∇≦)大好評でした!
ありがとうございました
今度改めて写真を持っていきます★

。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.

オーダーメイドドレスが出来るまで>>

∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵

オーダードレス・ベール・小物などを自社アトリエで制作し、
その他花嫁のお支度に必要な個性溢れるオリジナルアイテムを
低価格で取り揃えたウエディング専門ショップ

∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴

有限会社 花嫁サロン
ドレス工房 アトリエマティナル
〒371‐0056 群馬県前橋市青柳町463-8 TEL:027-289-8340

【本店サイト】http://www.atelier-matinal.com/
【本店ブログ】http://hanayomesalon.com/blog/
【Facebook】ウエディングドレス職人のページ
(www.facebook.com/weddingdress.factory)
【twitter】@HanayomeSalon_r
【instagram】@hanayomesalon_h

ニンテンドーDSゲームキャラクター
「ファイアーエムブレム 覚醒」を忠実に再現したウエディングドレスです。

東京都にお住まいのN様のご職業は漫画家。

お礼にと、こんなに素敵なイラストをお描き下さいました。

ニンテンドー ファイヤーエンブレム覚醒 キャラクター≪花嫁≫のドレス by 花嫁サロン アトリエマティナル

小さい頃から絵を描くのがお好きだったというN様。
幼いころからの夢を現実のものにされました。

当店にお持込いただいた画像資料と、
実際のDSゲームに映る動画資料を基に制作いたしました。

ファイアーエムブレム覚醒 before-after

完成したドレスがこちらです。

ニンテンドー DSゲーム「ファイヤーエンブレム覚醒」花嫁のドレス by花嫁サロン アトリエマティナル

足元に向かってグラデーションで透けていて、
“クラゲ感”をどう出すか、がテーマでした。
お袖のボリューム感や透け袖等、他にもテーマは山積みです。

ファイアーエムブレム覚醒 before-after

ニンテンドー DSゲームキャラクター「ファイアーエムブレム覚醒」花嫁をウエディングドレスに再現 花嫁サロン アトリエマティナル

6段パニエの上部と下部をカットし、4段のミニ丈に整えました。
その上で、チュールやオーガンジー、
シャーと呼ばれる透ける生地の枚数を徐々に減らすようにして重ね、
より忠実に再現出来るよう、試行錯誤しました。

≪仮縫い風景≫

仮縫いは、まさに真剣勝負。
画像を元に、クオリティの高い作品になるよう、
細部にわたってお打合せを行いました。


暑い中、東京から電車とバスとを乗り継いで、
何度も足をお運びいただき、感謝しております。

≪制作工程≫

仮縫いドレスの裁断風景です。↓

仮縫いドレスは、その場で解く事もあるので、
手縫いで仕上げます↓

本縫いの裁断を終え、このドレスのポイントにもなっている お袖の部分です↓
張り出すデザインのお袖の縦方向の形を保つため、
合計で6本のボーンをお入れしました。
黄色っぽい色が少し透けて、イラストに近づけるよう、
ボーンを入れるバイアステープは、生成色にしました。

こちらのドレスはセパレーツ。
身頃とスカートは離れています。
また、お袖のボリュームが大きく、特殊なデザインのため、
お袖も後付式といたしました。
下記が、スカートとお袖、ドレープ部とヘッドドレスの巻き薔薇が完成した所です。
これからいよいよスカート両サイドの羽の部分の制作に入ります↓

透ける素材のチュールを片側だけで40枚程度も使用し、
動きが出るように、イラストに基づいて重ねていきます↓

形を決めるまでに、何度も待ち針を留め直しました↓

羽は、透明な糸で縫い合わせていきます↓

透明な糸は、本当に見えずらいので“見えない敵”との戦いです(笑)↓

糸の始末も一苦労です↓

最後にベースとして重ねていたチュールを、
細心の注意を払ってカットします↓

全体像です↓

身頃はこだわりの8枚接ぎプラス背中心の編み上げ部で構成されています。
前身頃のみで6枚の接ぎ合せです。
こちらも、イラスト通り。

身頃と羽、ドレープ部は一体化されています。

ドレス職人古川の談。
「この夏の、私にとっての“超大作”となりました。
非常に凝ったデザインのドレスでしたので、細かなパーツの制作がたくさんあったのと、
形を再現するのに試行錯誤、苦労しましたが、満足の行く仕上がりになりました。
“燃えるお仕事”をご注文いただき、久々に没頭いたしました。
このご縁に感謝いたします。本当にありがとうございました。
N様の末永いお幸せを心よりお祈りしております。」

こちらのドレスは、披露宴でお召しいただいた後も、
イベント等でお召しいただけるとの事。
末永く大切にしていただけると嬉しいです。

今後のN様の益々のご活躍を祈念いたしております。

花嫁様ご自身がデザイナー!
ウエディングドレス職人が手掛けた
フルオーダーメイドドレス&ミニチュアドレス

花嫁様ご自身で、時間を掛けて丁寧にお作りになられたスクラップブック。
まさに、“花嫁様がデザイナー”です。

レースやチュール、オーガンジー等の素材を使用せず、生地の質感を活かした
存在感のある上品なドレスがお好みという事が手に取るように理解できました。

*初回ご来訪時のご様子

初回ご来訪時は、クリスマスシーズン。
ご新郎様とお二人でご来店いただきました。

お越し頂く前に、当サロンのHPを隅から隅までご覧いただき詳細を熟知して下さっていたので、
お打ち合わせもスムーズに進み、話が弾んで、毎回とても楽しいお時間でした。

大切な手作りのアクセサリーを引き立ててくれるシンプルで品格のあるホワイトドレスは、
レンタルショップではなかなか見つける事が出来ず、
花嫁サロンを見つけて下さった時「ここしかない!」と思って下さったそうです。

≪手作りアクセサリーのエピソード≫は、後程ご紹介させていただきます。

フルオーダーメイドドレスと同じ生地・同じデザインで、
ディズニーの大人気ぬいぐるみシャリーメイちゃんSサイズのためのミニチュアドレスと
お母様へのプレゼントとして、手のひらサイズのシェリーメイちゃんの
ミニチュアドレスをオーダーして下さいました。

*A様のドレス
デコルテトップラインの太めのカフスがこだわりです。
背中心には、手作りアクセサリーとコーディネイトして、パールボタンをお付けしました。
後ろに掛けて斜めに角度を付けた身頃とスカートの切り替えライン。
スカートにはタックをふんだんに取って、ボリューム感を出しました。
裾は動きやすくフロア丈に。
バックリボンも小ぶりで長く、素敵なデザインに仕上がりました。

*Sサイズのシャリーメイちゃん

*手のひらサイズのシャリーメイちゃん

*ご披露宴時、お二人が中座されている際に
代わりにお席に座っているダッフィーくんとシェリーメイちゃん

とても可愛いですね♪

ご結婚式後、新婚旅行のお土産と、お式当日のお写真をたくさん印刷して
わざわざ足をお運び下さいました。
お写真の一部とエピソードをご紹介させていただきます。

*タキシードでバスケット

 

*和装もよくお似合いでいらっしゃいますね。

  

  

*天候にも恵まれて素敵なお式になりました

*ご遠方からご招待したゲストの方達には、
群馬のゆるキャラ“ぐんまちゃん”のTシャツをプレゼントされたそうです。

*仲睦まじいお二人
「とても楽しい一日でした」というお話がとても印象的でした。


丈もぴったりで本当に動き易そう。
後姿も素敵です。

*新郎様の手作りウエディングアクセサリー 輝いていらっしゃいますね

≪手作りアクセサリーにまつわるエピソード≫
選択肢がたくさんある中、ウエディングドレスをオーダーメイドするというご決断をされたのは、
ご新郎様のドラマティックなプローポーズがきっかけとのこと。
“ティアラ”“ネックレス”“ピアス”といった花嫁様がお着けになるアクセサリーを
なんと、彼が手作りをされてサプライズプレゼントされたそうです。
ご一緒に暮らされていらっしゃるお二人ですので、彼女に気付かれないように
アクセサリーを手作りされるというのは、本当に大変な作業だったそうです。
身体が大きくワイルドな雰囲気をお持ちのご新郎様からは想像が出来ない
繊細なお心遣いですよね・・・
しかも、制作工程をご自身でビデオに撮り、ご披露宴で流されるという凝りよう。
狙い通り、ゲストのみなさんには大反響だったとの事です。

おばあさまも、オーダーメイドのウエディングドレスにとても興味を示されていたそうです。

  

本当に楽しそうなお二人。
A様も輝いていらっしゃいます。

アイディアに溢れた、心温まるご披露宴のご様子が、伝わって参ります。

座った時のスカートの広がりも素敵です。

軽くて楽で、なんと3次会終了後、夜中の12時頃まで
お召しいただいていたとお聞きし、感激してしまいました。

お式後は、クリーニングと真空窒素パックをご依頼いただきました。
大切に保管されるとお話しされていらっしゃいました。

「暮らしを楽しくする」事が天才的にお上手なお二人は、
いつまでも仲よく支えあって歩んでいかれる事と思います。
どうぞ、末永くお幸せに。
この度のご縁に、本当に感謝しております。

.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.

フルオーダーメイド ウエディングドレス>>

ミニチュアドレス>>

.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.



ウエディングドレス職人 古川による、
フルオーダーメイド ウエディングベール

素敵なこだわりをお持ちの花嫁様のご依頼で、
フルオーダーメイドベールを制作させて頂きました。

花嫁様がお持込されたイメージ画は、
イギリスの人気ファッションモデル、ケイト・モスさんが
ご自身のウエディングセレモニーでお着けになった、ウエディングベールです。

イタリアがお好きな花嫁様は、イタリア製のバロック調レースを使用したドレスに合わせて
こちらのベールをお着けになりたいというご希望をお持ちでした。

お打ち合わせには、沢山の時間を費やし、
生地や素材、また、デザインなどオリジナルでご提案させて頂きました。

500センチのロングベールと、130センチのミディアムベールを制作し、
ミディアムベールの方は、ジュリエットキャップのように装着されたそうです。

リーフのモチーフは、
ケイト・モスさんのベールを再現するため、
職人が全て”手縫い”で刺繍を施しました。

薄く繊細なチュールという素材に刺繍を施すのは、膨大な時間を要する作業でしたが、
その甲斐があり、素晴らしい作品が仕上がりました。

ベールとあわせて、
ヘッドドレスとカチュームも制作させていただきました。

———-【制作工程】———-
ウエディングドレス職人 古川による、
フルオーダーメイド ウエディングベール

1,イメージ画を拡大して、リーフモチーフの原案をラフデッサン

2,不織布に、時間が経過すると色が消えるチャコペンで図案を写し取ります

3,所定の位置に、不織布と、補強のため同様の形にカットしたチュール共布を固定します

4,糸が攣れないように細心の注意を払い刺繍をしていきます

5,玉結びや裏に渡る糸等がすべて表から見えてしまうので、
過去に培った日本刺繍の技術を駆使

6,原案の図案に、カーブの形状を変えたり、葉に厚みを持たせる等
少しずつ変化を加えているので、二つとして同じ模様はありません

7,刺繍糸やベースのチュールにダメージを加えないように、
少しずつ破るようにして不織布を取り除いていきます

8,裏に渡った糸を一本の糸に見えるように修正を加えます

9,フランス製の刺繍針はとても使い勝手の良い針です
良い仕事をするには、やはり良い道具を使用する事が大切ですね

10,ひとつのモチーフがやっと刺し終わりました
不要となった補強の為のチュールを刺繍の部分のみ残してカットしました
気の遠くなる作業です

11,縁取りのケミカルレースに小花のモチーフを等間隔で縫い留めて、パールでアレンジ

12,チュールのベースにも透明糸でパールを散らします

13,糸が渡らないよう一粒一粒、玉止めを行う根気の要る作業です

14,お花のモチーフも、とても小さくて大変
パールの大きさは2ミリです
もちろん玉止めは、モチーフの裏に隠します

———-【完成】———-

全て手縫いの刺繍で、温かみを感じるリーフモチーフ
機械刺繍では表現できない何とも言えない風合いです
ゴージャスに仕上がりました

フルオーダーメイドベールの実例集はこちら>>



*…..*…..*…*…*..…*..…*
◇全身仮装で夢の国へ◇
*…..*…..*…*…*..…*..…*

フルオーダーメイドドレスの制作期間は、約1ヶ月~3ヶ月です。

本格派全身仮装をお考えの貴方♪。゚+

憧れのプリンセスへなってみたい貴方♪。゚+

… ハロウィンの季節にお召しになりたい方は、
この時期のご予約がベストです☆*.

*****美女と野獣 ベルをイメージ*****

*****アラジン ジャスミンをイメージ*****

*****リトルマーメイド アリエルをイメージ*****

*****白雪姫 スノーホワイトをイメージ*****

ディズニーハロウィンの模様をみる>>

夢の世界へはこちらから>>

オーダーメイドドレスが出来るまで>>

∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵

オーダードレス・ベール・小物などを自社アトリエで制作し、
その他花嫁のお支度に必要な個性溢れるオリジナルアイテムを
低価格で取り揃えたウエディング専門ショップ

∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴

有限会社 花嫁サロン
ドレス工房 アトリエマティナル
〒371‐0056 群馬県前橋市青柳町463-8 TEL:027-289-8340

【本店サイト】http://www.atelier-matinal.com/
【本店ブログ】http://hanayomesalon.com/blog/
【Facebook】ウエディングドレス職人のページ
(www.facebook.com/weddingdress.factory)
【twitter】@HanayomeSalon_r
【instagram】@hanayomesalon_h

☆★「和」ドレス、今 和装がアツい!★☆
★~ドレスも、和装もお召しになりたいあなたへ~ ★


ウエディングドレス職人 古川圭子による、
和装の花嫁衣裳、色打掛、留袖をリメイクした着物カラードレス。

留袖と色打掛の素材を余す事無く活用し、柄合わせを可能な限りに行った
レースアップミ二丈ビスチェ+ロングトレーンパコダスリーブガウンデザインのドレス。

着物感を強く残しつつ、着脱が楽で身軽であることと、
2WAYスタイルで、一瞬でイメージを変える事が出来るカラードレスをコンセプトに制作致しました。

カッコ良さ、色っぽさ、エキゾチックさを表現するため、
黒×赤×金という絶妙な色使いのコーディネイトバランスにこだわり、
ガウンのトレーンは最大限に長く引き、ミニ丈とガウンスカートの対比も慎重に調整致しました。

衣紋を抜いた衿ぐりの美しいラインや、バックリボンのボリューム感にもこだわりました。

 

★レースアップミニ丈ビスチェ

ガウンとの対比を印象付ける為、なるべくコンパクトなシルエットにし、
最大限のミニ丈にしたため、裾ラインの調整を念入りに行いました。
ベースは色打掛を使用しましたが、引き締め効果と、ガウンとのコーディネイトを考慮して
デコルテトップラインに留袖の黒生地を使用して太めのパイピングを施しました。

加えて、レースアップ用の紐は、江戸打ち紐の黒を使用。

最も重要な柄合わせは、金と銀の紋のような丸い柄を
どの位置に配置すれば効果的かという点です。
そのため、裁断には長い時間を要しました。

★ロングトレーンパコダスリーブガウン

留袖の柄合わせは、柄が裾部分にしかないため、裁断時にロスが出ないよう、
直線の接ぎ合せとしました。
合計で5つ付いている家紋が入らぬよう、生地の繰り回しに工夫しました。

パコダスリーブの袖口は、動いた時に表情が出るように3枚重ねにし、
表側から、黒+赤(共に着物の生地)→ベージュ系の表裏(洋服の生地)→
赤の表裏(着物の生地)という構成です。

わずかに余った留袖衽の柄部分は、左右の表袖口に使用し、アクセントを付けました。

このドレスのもっとも特徴的な箇所は衿ぐりです。
衣紋を大きく開けて、日本の着物の代名詞でもある“花魁”や“芸者”のイメージを表現しました。

大きく開けた衿のラインは、中に着用しているビスチェドレスが見えないようギリギリのラインで、
大きいバックリボンとの兼ね合いもあり、何度も仮縫いを重ねて検討しました。
また、衿自体を美しく立たせて張りを持たせるため、芯の入れ方にも工夫をしました。

 

とても苦労した“ふき”。
細かく曲がりくねったラインに均一のふきを施すのは熟練の技が必要です。
スカート裾の縁取りに、メリハリを持たせるために、色打掛の金色の生地を施しています。

飾り紐は、上前左とし、重ねた衿先が間延びしてしまっている印象だったので、
赤い江戸打ち紐を使用して、菊結びを作り、房と共にアレンジしました。

質感にもこだわり、制作しています。
ビスチェの上に羽織る物であるため、対比を出すためにも、ガウンという特性のためにも、
なるべく柔らかな質感を残すようにしました。

そのために、まずは、最小限の接着芯とし、留袖の生地をそのままに活用してあります。
これにより、大きく伸びてしまうバイアス裁断箇所には、
バイリーンテープを縫い代に細かく貼る事で対応しました。

また、パターンを細かく分けずに、胸元はダーツを取る事で、ふんわりとした表情を付けてあります。

★バックリボン
ドレス、ガウンとのコーディネイトを考え、黒の留袖生地でパイピングを施しました。
なるべく大きな物とし、生地を余す事なく活用したいという点がこだわりです。
しかし、重さが出てしまうため、きちんと形を保つ事が難しく、苦労しました。

対策として、すべての生地に接着芯を貼った上で、更にハードチュールの芯を入れました。
パイピング部には形状記憶のワイヤーも仕込んであります。

【コーディネイトアイテム】

《ブーケ》
ダリア、マムを主な花材として小ぶりのボールブーケを制作しました。
持ち手やリボンは、ドレスに使用した色打掛と共布です。

《ヘッドドレス》
打掛生地を留袖の黒い部分でパイピングしました。
留袖の柄部分のわずかな端布も無駄にせず活用しました。

金の飾り紐を梅結びにし、アレンジしました。
コームとループ2ヵ所で固定する仕様です。

 

。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.

スタッフ一同、花嫁さまのご依頼をお待ち致しております。

和装の花嫁衣裳、白打掛をリメイクした着物ドレスはこちら>>

撮影地:群馬ロイヤルホテル

Dress:Keiko Furukawa
Model:Natsuki Mitsuhashi
Camera:Halka Kina
Video:Kayo Kon
Assistant:Mari Mitsui

★★着物ドレスとは★★

★★着物ドレス実例集★★



 

☆★「和」ドレス、今 和装がアツい!★☆
★  ~ドレスも、和装もお召しになりたいあなたへ~ ★

ウエディングドレス職人 古川圭子による、
和装の花嫁衣裳、白打掛をリメイクした着物ドレス。

異素材を使用せず、可能な限り白打掛生地のみを使用した
ロングトレーンとワンショルダーが特徴的な
レースアップマーメイドラインデザインのホワイトドレス。

着物の良さを活かしつつ、神前式でも教会式でもどのような挙式スタイルにも
対応出来る挙式用ウエディングドレスをコンセプトに制作致しました。

トレーンを限られた生地をフルに活用し最大限に長く引く事と、
ワンショルダーのデコルテラインにこだわりました。

上品さ、エレガントさ、大人っぽさを表現するため、白打掛生地の光沢感をポイントに、
ウエストからヒップ、膝までの美しい曲線美と、裾への広がり感を出しました。

また、白打掛同様に、裾と袖口ふきへ仕込んだ綿の膨らみもこだわった点です。
直線で仕上がる着物の裾とは違い、
放射線状に広がる裾に均一の幅のふきを施すのは技術を要します。

洋服の生地幅は、狭くて90センチ~広い物だと150センチ程度ありますが、
着物用の生地は36センチ幅しかありません。
この限られた生地幅から曲線裁ちのドレスを制作するためには、
パターン起こしや裁断に苦労はつきものです。

マーメイドラインの裾の広がりを美しく表現するために、裁断にはとても長い時間を掛けました。
予測して起こしたパターンでは、実際の裁断時に生地幅が不足し、何度もパターン修正を行いました。
スカートのみで13枚のパーツを接ぎ合せた構成になっています。

アシンメトリーなデザインの身頃パターンも合計9枚。
袖も合わせるとパターンは合計23枚以上に及びました。

また、“柄合わせ”にも神経を使います。
鶴の柄の上下に細心の注意を払いながら、柄合わせを可能な限り行いました。
面積の小さいパーツの組み合わせによる身頃には、
なるべく華やかな柄の箇所を使用するようにしました。
裁断後の縫い代の刺繍部分の糸は、どうしても解れて来てしまいますので
解れ止めを行うのも重要なポイントです。

【コーディネイトアイテム】

≪鶴を模ったボンネ≫
白打掛の共布を使用し、鶴が羽ばたいている様子を表現しました。

縁取りに白×金の江戸打ち紐を施しました。
くちばしの箇所にスワロフスキーをアレンジしてあります。
足や羽の表現に白の江戸打ち紐をループ状にアレンジしました。
裏は、コームとループ2ヵ所で仕上げました。

≪羽をモチーフにしたボンネ≫
5枚の大小の羽を立体的に重ねました。

ケミカルレースで表情を出しました。
裏は、長めに付けたコームと、4ヶ所のループで固定するように工夫してあります。

≪カサブランカ≫
大き目のカサブランカの花は、ピック仕上げで3本がそれぞれ独立しています。
スワロフスキーで表情を出しました。

≪蘭≫
それぞれ、大小の蘭の花と葉は、Uピン仕上げになっています。

≪ウエディングベール≫
フェイスアップベールの4段で華やかさを出しました。

《ブーケ》
カサブランカ10本を束ねて制作したブーケです。

。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.。゚+.

スタッフ一同、花嫁さまのご依頼をお待ち致しております。

撮影地:群馬ロイヤルホテル

Dress:Keiko Furukawa
Model:Natsuki Mitsuhashi
Camera:Halka Kina
Video:Kayo Kon
Assistant:Mari Mitsui

 ★★着物ドレスとは★★

★★着物ドレス実例集★★