Archive for the ‘2way3wayイメージチェンジ’ Category

思えば昨年の8月。
「シンプルでノーブル。でも華やかさもあるドレス。出来れば2WAY。」
こんなわがままなドレスがレンタルショップで見つかるはずもなく、
セミオーダーのお店では、
「急がないと11月には間に合いませんよ」と言われ焦りに焦り、
最後の望みを掛けてお邪魔したマティナルさんで
「いい時期に来ましたね。何でも相談してくださいね。」と言っていただき、
「やっぱりドレスは妥協せず、私らしい物を着よう。」と決心できました。

今思えば私の希望を黙って受け入れて、
最初のうち合わせや最後のドレスの受け取りにも同行してくれた、
彼の優しさにも感謝、感謝、です。

鹿嶋から川崎、高速バスと電車を一人で乗り継いで行く、数回の打ち合わせや仮縫い。
最初は「たいへんだな~」と思っていました。
でも、知らない町の風景を車窓から眺めてマティナルさんへ向かう時間は
今までの人生のことや自分自身とゆっくりと向き合える、貴重な時間となりました。

ドレスにあしらう紺色のリボンを探して手芸店を回ったことも、
ドレス製作に参加している実感が持てて、とても楽しかったです。

お式の当日は彼と手をつないで、
すべてのテーブルを周りキャンドルサービス&写真を撮りましたが、
身体に合った歩きやすいドレスで移動も進行も、かなりスムーズにすすみました。
後日、「大人数なのにアットホームなお式で楽しかった。」と
たくさんの方に言って頂けたのもマティナルさんのおかげだと思います。

また、披露宴だけでなく二次会にもこのドレスのままで出席し、
二次会から参加してくれた後輩たちがとっても喜んでくれました。
衣装選びの当初、「オーダー。・高い?・贅沢?」と躊躇していた部分もありましたが、
結果としては1着のドレスで3Wayになる様に作成して頂いて、
レンタルの1着分とさほど変わらないお値段となりました。

私の例が、今迷っている花嫁さんに少しでも参考になるでしょうか?
お送りする画像もマティナルさんのお役に立てれば幸いです。

最後にアトリエマティナルのスタッフの皆様、
本当にありがとうございました。

これからもたくさんの女性が、
素敵な花嫁さんに変身するためのお手伝いをしてあげてください。

このドレスをもっと詳しくみる!はこちらから♪




数年前にお姉様が、オーダーメイドでお作りになられたウエディングドレス。
今度は妹様が、ご結婚式にお召しになる事になりました。
まず初回のお問い合わせもお姉様からお電話をいただき、
本当に妹思いの素敵なお姉さまという印象でした。

お姉様のウエディングドレスを妹様用のウエディングドレスにリメイク

妹様の方がご身長が高く、サイズが合いません。
また、デザインのご希望も色々とございましたので、
大幅なリメイクとなりました。

お姉様のウエディングドレスを妹様用のウエディングドレスにリメイク

まず、お丈ですが、ぺったんこヒールのシューズをお履きいただきましても、
全く丈が足りません。
そこで、レースで裾にフリルを縫い足し、長さを確保いたしました。
トレーンが長く、裾の周りは7メートル近くございましたので、
レースの使用量も大変な量になりました。

お姉様のウエディングドレスを妹様用のウエディングドレスにリメイク

身長が違うとウエストの位置も違ってまいります。
お姉さまのウエディングドレスをそのままお召しいただくと、
とてもハイウエストになってしまいます。
ウエスト位置を合わせようとすると、身頃の肩の部分が邪魔して
ドレス全体が下に下がって来る事が出来ません。

お姉様のウエディングドレスを妹様用のウエディングドレスにリメイク

そこで、デコルテと背中のラインをカットしつつ、肩の身頃をカットしてしまいました。
その代わりに、ずり下がり防止の役目も果たす肩紐を縫い込みました。
細いお紐を3本縫い込む事で、デザイン性もグッとアップ。
お胸と背中に付いていたケミカルレースは、裾のレースとイメージが違うので、
思い切って外してしまい、すっきりとさせました。

お姉様のウエディングドレスを妹様用のウエディングドレスにリメイク

お姉様のウエディングドレスを妹様用のウエディングドレスにリメイク

お姉様のウエディングドレスを妹様用のウエディングドレスにリメイク

挙式のスタイルは、シンプルなウエディングドレスに
ロンググローブとベールを合わせます。

お姉様のウエディングドレスを妹様用のウエディングドレスにリメイク

お姉様のウエディングドレスを妹様用のウエディングドレスにリメイク

お色直しとして、淡いクリーム色のウエストリボンを巻きました。

オーダーメイドのボレロ

オーダーメイドのボレロ

そして、仮縫いを行って、お身体ぴったりに合わせたボレロ。
肌の露出を抑えます。
このレースは、前にご紹介したスカート裾のレースと同じレースです。
合わせてお召しになると、コーディネイトされて、とても素敵です。

オーダーメイドのボレロ

ウエディングドレスのリフォームやサイズお直し・デザイン変更につきましては、
本店サイトの「リフォーム・お直し工程」ページをご参照下さいませ。



他ショップでご購入されたウエディングドレス。
お胸が豊かな上、ご懐妊された事もあり、
身頃の幅が足りないのがお悩みでした。

ウエディングドレスのサイズ直しとアレンジ

身頃の脇の縫い目より後ろは、ベースのシャーリングの上に、
さらに上身頃が重なっている状態です。

ウエディングドレスのサイズ直しとアレンジ

シャーリング部分は伸び縮みするので、そのままで大丈夫なのですが、
重なっている上側の身頃は、そのままご着用いただくと幅が足りないため、
編み上げた際に幅が開きすぎでしまい、デザイン的にあまり美しくありません。

ウエディングドレスのサイズ直しとアレンジ

そこで、身頃の後ろ脇のパネルを、似ているサテンで生地で作り直して幅出しを行いました。
また、お胸が豊かな花嫁様ですので、身頃が浅く、膨らみがはみ出る状態に。
浅いオーガンジーフリルの幅を広くし、お胸をカバーしました。

ウエディングドレスのサイズ直しとアレンジ

スカートは、お身体への負担を考えて一旦ベルト部を外し、
ギャザーを寄せ直して、ゴムへ変更いたしました、
また、丈が長過ぎたのですが、マタニティのため、高いヒールをお履きいただくのは危険という判断の下、
2段ワイヤーパニエをお履きいただいて、丈を稼ぐ事にいたしました。

ウエディングドレスのサイズ直しとアレンジ

 保管のため、ふんわり感が損なわれてしまっておりましたので、
全体的にプレスを施しました。

ウエディングドレスのサイズ直しとアレンジ

トレーンが長く、動きずらい事もありましたので、包みボタンを左右の身頃の裏側に1個ずつ仕込み、
スカートにはループをお付けして、バッスルスタイルにさせていただきました。

ウエディングドレスのサイズ直しとアレンジ

ヒップの部分に膨らみが出て更に豪華になった上、丈の調整も出来、動き易くなりました。
バック位置には既成のコサージュを3個お付けし、で華やかさを出しました。

スカートのフロント左部についているオーガンジーの大き目リボンは、
プレスのみではふんわりさせる事が出来ませんでしたので、
一回取り外し、プレスの後に成形後、元の位置に戻しました。

ウエディングドレスのサイズ直しとアレンジ

ご懐妊されていらっしゃる花嫁様のためのウエディングドレスにつきましては、
本店サイトの「マタニティのためのウエディングドレス」ページをご参照下さいませ。

約2年程前にお姉さまがお召しになられたウエディングドレス

お姉さまのウエディングドレスをアレンジ

サイズが少々大きいので、まず背中心のファスナー位置で身幅をお詰めして、
パールボタンを付け直しました。
肩の緩みはオフショルダー部でお詰めしました。

お姉さまのウエディングドレスをアレンジ

お姉さまとは少し雰囲気を変えてお召しになられたいとのご希望。
お母さまとご一緒にいらっしゃいましたので、
とても素晴らしいアドバイザーであるお母様のご意見をかなり
取り込ませていただいたデザインとなりました。

お姉さまのウエディングドレスをアレンジ

スカート中央部のカットワークレースの終わりの位置に、
既成品のコサージュを縫い留めさせていただきました。
全体で8箇所にコサージュをお留めした事で、華やかさがプラスされました。

お姉さまのウエディングドレスをアレンジ

トレーンが長く、動きずらさがあり、会場の広さとの兼ね合いもございましたので、
スカートの後ろ中心にループとくるみボタンをお付けし、
バッスルとして、丈を短くお召しいただけるように加工いたしました。

お姉さまのウエディングドレスをアレンジ

お姉さまのウエディングドレスをアレンジ

お姉さまのウエディングドレスをアレンジ

ウエディングドレスのおサイズ直しにつきましては、
本店サイトのこちらのページをご参照下さいませ。

花嫁様はドレスカタログを沢山ご覧になり、色々なデザインで迷っていらっしゃいました
お打ち合わせをしていく中でバックスタイルやフロントのデザインを決定しまして
レンタルでは着たいドレスが見付からずにオーダードレスを制作させていただきました

バックスタイルが個性的なデザインでコサージュがゴージャスなドレスです

デコルテは他のドレスのデザインを気に入られていらっしゃいましたので
フロントのデザインは違うオリジナルのドレスでございます
タッグを入れることによりバストもより美しいラインになりますね

ドレスの共布で制作したコサージュは、とてもお時間と手間がかかります
気品の溢れる上品な華やかさをご覧下さい

挙式では、パニエを履いてスカートにボリュームを出してゴージャスなシルエットに
パーティーではパニエを脱いで、バッスルでトレーンを上げて短くし歩きやすくしました

柔らかいシルエットになりドレスの印象が違いまして、ドレスチェンジをした様な雰囲気ですね

パニエを履いたシャープな印象と異なりまして
スカートのラインも柔らかく、それぞれ違う素敵なイメージですね
コサージュは存在感がありとても豪華な華やかさです
ヘッドドレスにしても美しいですよね

一生に一度のご結婚式ですから
花嫁様のウェディングドレスへの夢は叶えたいですよね
笑顔が素敵な花嫁様は、このドレスをお召しになり涙をこぼして喜んでくださいました
どうぞ、永遠にお幸せに♪

愛知県にお住いの花嫁様が、ホームページをご覧いただいて

ご相談のメールをお送りくださいました。

ビスチェタイプのドレスをご購入されたそうですが、

露出の面で少々デザイン的に不安で、お召しになっていて落ち着かないとの事でした。

ご遠方なので、足をお運びいただく事はなかなか難しく、

お日にちもあまり余裕がありませんでしたので、

アームドレスをお勧めさせていただきました。

薄生地にレースとサテンリボン、パールビーズをお留めした、

華やかなお袖が完成しました。

レンタルのウエディングドレスをお召しになる花嫁様。

ビスチェタイプのウエディングドレスに、簡単な2wayイメージチェンジ用の

アームドレスのオーダーです。

ウエディングドレスをご試着されていらっしゃる際のお写真をお持ちいただけましたら、

ご希望に合わせて、お作りさせていただきます。

他ショップでご購入されたウエディングドレスに手を加えさせていただきました。

サイズやお丈はぴったりに、ご購入されたショップ様でお直し済みでございました。

バックスタイルを華やかに、大きなおリボンをお付けになりたいとの事。

素材は、ご購入ショップで丈詰めをされた際に出た端切れを使用させていただきました。

やはり「似ている違う素材」をお使いするよりは、「全く同じ素材」をお使いした方が、

しっくり馴染むためです。

ただ、トレーンをカットしたものですので、生地はわずかですし、カーブに変形しております。

これをリボンに成形するのには、少々苦労いたしました。

苦労の甲斐があり、バックスタイルはもちろん、サイドから見てもボリュームが出て、

大変華やかなドレスになりました。

ドイツでの挙式時にお撮りになった画像です。

しっとりと流れたドレープが素敵ですね。

また、個性的なマリアベールをオーダーメイドさせていただきました。

こちらのベールは、縁取り全部にレースが付いているのではなく、

縁は切りっ放しで、お顔の周りは華やかに、裾に向かってグラデーションで

消えて行く感じのデザインになっております。

とてもお似合いになっていらっしゃいますね。

どうぞ末永くお幸せにお過ごしください。

大学生時代からずっとお付き合いされていらっしゃる、
本当に仲良しの、微笑ましいお二人がお越しくださいました。

お母様のお召しになられた、レースの豪華なウエディングドレスをリメイクされたいとのこと。
肩幅が狭いので、思い切って身頃をお作りし直し、
ビスチェタイプに変更されたいというご希望でした。

スカートの幅も狭く、ボリュームを出すのには、レース生地が不足でしたので、

すべて綺麗に解き、生地として使用させていただく事にいたしました。

オーダーメイドのウエディングドレスと全く同じ制作方法です。

お母様のドレスのレース生地に合う、光沢の美しいサテン地を合わせ、

コンビネーションのウエディングドレスに生まれ変わりました。

バックスタイルには、サテン地でお作りしたくるみボタンをアレンジいたしました。

また、厳粛な教会でのお式挙式時には露出を抑えたいとのご希望がございましたので、

取り外し可能なアメリカンスリーブの、デコルテを隠すアイテムをお作りしました。

こちらにも、同じレースをアレンジさせていただいております。

パーティ時は下のお写真のベースドレス。

ご結婚式の際は、下のお写真のアメリカンスリーブスタイルで臨まれました。



国際結婚の花嫁様。

ウエディングドレスは、賢く海外で、リーズナブルな価格で調達されていらっしゃいました。

ドレスについては、ほんの少々、おサイズを調整させていただいたのみです。

パニエはなんと3枚お入れしてございます。

この花嫁様は、とても計画的な花嫁様で、関心してしまいました。

挙式は日本なので、ドレス購入は海外で、サイズ調整やコーディネイト全般は日本で

と決めていらして、ご購入前からインターネットでお探しいただき、

「日本に帰ってマティナルに頼もう」と目を付けてくださっていらしたそうです。

やはり、海外生活が長いので、色々なお国事情や国民性を熟知していらっしゃるのですね。

また、とてもお勉強家で、色々なアイテムについてもリサーチ済みでした。

オーダーメイドで制作させていただきましたのは、上のお写真の、オーダーシューズ、

フィンガーレスグローブ、リボンボンネ、チョーカーです。

ウエディングドレスが比較的リーズナブルに済んだ分、

イメージチェンジの小物類にお金を掛けようと、とてもたくさんの小物類をお買い上げいただきました。

挙式用のグローブは、正統派のシンプル&くるみボタンのスタイルでまとめました。

こちらにご紹介している分は、すべてオーダーメイドのお品ですが、

これ以外にも、既製品のベールやグローブ、インナー等、多数ご購入いただいております。

明るく元気な花嫁様に、私もパワーをいただいたような気がいたします。

海外でのご生活、色々とご苦労もあるかと

存じますが、どうぞお体にお気を付けて。

またご帰国の際は、

是非遊びにいらしていただきたいと存じます。