Archive for the ‘NHK「ドラクロワ」放送’ Category

6月22日にNHKで放送された「ドラクロワ」
ご覧になってくださいましたお客様からのあたたかいお便りです。

以前、こちらのお客様のお母様のウエディングドレスをリメイクさせていただきました。

———————————————————————————————

こんにちは。 昨日の、ドラクロワ拝見しました。  とてもいいお話でしたね。
おばあさまもお母様も長年のわだかまりをスッキリと取り除く結果になって、
リメイクされたドレスもきっととても喜んでいるでしょうね!
ドレスのリメイクはみんな色々な思いを込めて持ち込むでしょうから、
さぞプレッシャーの かかるお仕事だと思います。

私の着た母のドレスも、余すところなく再生していただき
「母の思い出をバラバラにしてしまう」 と思うことなくお任せできました。
残念ながら、うちには感動秘話はないですが(笑)
娘が二人とも着るというウエディング ドレスはなかなかないんじゃないかな~と思います。
私は小さいころから両親の結婚式の写真を見て、
いつか母のドレスを着て父と写真が撮りたい と思っていたので(パパっ子でしたね)とても満足です。
リメイクしたドレスを着て「両親への手紙」を読めたので、結婚式には一点の曇りもない 最高の思い出になっています。

おかげさまで我が家は仲良く暮らして子供も授かり、姉夫婦も仲良くやっています。
今日はまだ2年前ですが、結婚式の写真を見返して懐かしく、夫と笑いました。
娘も早いもので一歳です。

この夏は群馬に旅行に行く予定をしていますので、
あたらしいお店にもお邪魔できたらな~と思います(*^_^*)
季節の変わり目でかったるい時期ですが、体調を崩されませんようにご自愛ください。

———————————————————————————————

こちらのお客様の母から娘へを見る>>



前回2月に放映されたNHK「ドラクロワ」
“お母様の形見のウエディングドレスをリメイク”に引き続き、
5月4日に“母に感謝の気持ちを伝えるために、新婦が行ったサプライズ”
というストーリーがご紹介されました。
以前、花嫁サロンが携わらせていただいたお客様のお話です。
みなさまご覧になって頂けましたでしょうか?


———-放送前———-
「こんにちは。
以前ドレスのリメイクでお世話になりましたSです。

ご紹介いただいたNHKの番組の件ですが、(5/4)に放映されることになりました。

私を始め、もちろん母も取材を受けるのは初めてで、とても楽しい体験となりました。
数分のようですが、両親が想像以上に盛り上がっています。

ドレスのクリーニングも今回手配していただいたようで、ありがとうございます。
大切に保管しておきます。
式から4年がたって、こんな素敵な思い出が増やすことができて、
古川さんとの出会いに感謝です。本当にラッキーでした。」

———-放送後———-
「思った以上に長い放映時間でドキドキしましたが、
素敵な内容に仕上げてもらってまわりからは大好評でした!
沖縄まで取材に来ましたが、結局映像は使われなくて声だけだったようです。
再現VTRにドレスがたくさん映っていて、
結婚式を2回挙げたような得した気分になりました。
DVDは家宝にします♪

実家への反響もすごくて、
放映後しばらくはコールセンター状態だったようです(笑)
両親は結婚式以上に(?!)楽しんでいました。
いつもドレスの話になると
「あのドレスを全部ほどく作業を考えるだけで、気が遠くなる」
と母が言っていて、古川さんは本当にすごいねと2人で話しています。
古川さんの技術力の高さは、苦労してドレスを作った母の方が分かるんでしょうね。

あと、古川さんに作っていただいたドレスを着ると、
幸せになる力が湧いてくる気がします。
パワースポットならぬパワードレスでしょうか?
これからもたくさんの幸せドレスを作り続けてください。

ご活躍を楽しみにしています。」

本日は、そのドレスの制作工程や放送では流なかった秘話のご紹介です。

∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..

∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..

●サプライズリメイク!!お母様に内緒でご準備・・・

ご実家が大阪で、東京都にお住まいの花嫁様。

お母様がご結婚される際にお召しになられたドレスは、その後、お母さまの妹様、

花嫁の叔母様に当たる方の所にあったそうです。

そこで、叔母様とご相談の上、挙式当日までお母様には内緒でリメイク。

ビスチェにオーバーブラウスを合わせたデザインにいたしました。

お袖がチクチクするとの事でしたので裏地にレースがまわらない様に加工を施しました。

ウエストラインにはリボンをあしらいまして、
バックスタイルはリボンを長めに垂らしています。

レトロでありながら、今風なドレスに生まれ変わりました。

そして、上品な仕上がりで、こちらの花嫁様にぴったりのデザインです。

ドレス選びを大切なお嬢様とご一緒にされたがっていたお母様をだましとおすのは

かなりご苦労されたとの事ですが、

当日の感動は、言葉に表現できない程のものになられたようです。

——————————-

2008年 M・S様より

お陰様で・・・最高!!の式を挙げることができました。
ガーデンで人前式を挙げ、室内で披露宴、そのまま二次会へと
全部あのドレス一着で乗り切りました・・・
一度ヘアチェンジはしましたが、皆にドレスを褒められ、
一生分の「かわいい」を言ってもらいました。
バタバタと結構あばれましたが、ぴったりフィットしながらも楽に動くことが出来、
デザインだけでない古川さんの底力を改めて感じました。
我ままも通してもらいましたが、200%の完璧なドレスだったと思います。
本当にありがとうございました☆☆

※母へのサプライズは大成功でした!

後日、サプライズ返しをされて、送られてきた新聞記事のコピーを同封します。
こんなに喜んでもらえたのも、古川さんのお陰です。。。

朝日新聞 20008年8月29日(金)掲載記事

■ 輝き日  母から娘へ

東京で一人暮らしをしている娘が結婚式を挙げた。
離れていてもドレスを選ぶときは母の出番では、
と期待していたが 「自分で決めます。当日のお楽しみ」と却下されてしまった。
自立した証拠だと自分に言い聞かせたが、何となく物足りない思いだった。
式の朝、支度中の娘の部屋に入ろうとすると、
スタッフに「着付けができたらお呼びします」と言われ、入れてもらえない。
なぜかしらとイライラしていると、やっと声がかかった。
そこには今までで一番輝いた娘がいた。
ドレスに目をやると、見憶えのあるレース地。
胸元のデザインは変わっているが、なんと三十数年前に私が着たものではないか。
私の妹もそれを着た。その後、しまってあったものを取り寄せ、リメークを頼んだという。
以前から私の70年代の洋服を着ることもあった娘だが、
まさか私が着たドレスを使うとは思いもつかなかった。
ニヤリとしていた娘がやがて涙顔になり、2人とも泣き出してしまった。
母として、こんなにうれしい贈り物はない。
ガーデンウエディングの人前式に続いて古い洋館での披露宴。
暑い中、出席してくださった皆さんに心から感謝した。
もちろん、口の堅い妹にも。
数日後、娘から「手入れおよび保管をよろしく」
という手紙とドレス一式が入った荷物が届いた。
サプライズプレゼントに免じて引き受けることにした。

——————————-

∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..
∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..

お母様がお嬢様をお生みになる前にお召しになったドレス
お嬢様が成長されて、お母様のドレスをお召しになる。
母から娘への伝承、素敵な事ですね。
30年余りも経過しているのに、全然そんな風に感じられない位、
綺麗な状態で保管されていらっしゃるお客様が殆どです。
やはり大切な思い出なのですね。
デザイン的にはデコルテが詰まっていて、お袖が付いているものが多く、
特徴としては、切り替えがハイウエストで露出が少なく、素材はレースが殆どです。
そのままでもレトロで素敵なのですが、少し窮屈なので、体に合わせて欲しい。
丈が短いので、ヒールを履いても大丈夫なようにして欲しい。
今風にアレンジしたい・・・等、リフォームのご要望は様々です。
世界に2枚と無いドレスですので、お預かりして手を加えるのは、とても緊張します。
ですが、お母様やお婆様がお喜びになる顔を拝見するにつれ、
やりがいのあるお仕事と、感謝の気持ちになります。

たんすの中に眠っているドレスに新たな命を吹き込み、
人生のスタートを切る日にお召になってみてはいかがですか?

お気軽にお問い合わせ下さい。
TEL:027-289-8340
お待ちしております。

詳しくはコチラをご覧ください

【本店サイト】http://www.atelier-matinal.com/
【本店ブログ】http://hanayomesalon.com/blog/
【Facebook】ウエディングドレス職人のページ
(www.facebook.com/weddingdress.factory)
【twitter】@HanayomeSalon_r
【instagram】@hanayomesalon_h

 

2012年6月22日金曜日 NHK 総合よる10:55~11:24
「ウエディングドレスのデザイナー」として古川圭子が紹介された、

「NHK 女の幸せ、ドラマチックな苦労話 ドラクロワ 母と娘の絆スペシャル」

———————————————————————————————


お母様がカナダのご結婚式でお召しになったドレスを
可愛らしいお嬢様の雰囲気にリメイクさせていただきました

※Back

お花畑の様なイメージとの事でしたので
スカートの丈を少し短くして軽やかに
テーマカラーのティファニーブルーのリボンをレースに通して結び
お花もつけてキュートで華やかになりました

バックスタイルはレースアップに仕上げましたのでサイズ調整もできます
リボンのレースアップのデザインが素敵なアクセントになりました

ドレスに合わせて小物のアレンジもさせていただきました

ヘッドドレスはお花にピンをお付けしてヘアのアレンジが自由にしていただけます

お手持ちのブレスレットに同じお花をアレンジしました

ご新郎様のブートニアもお揃いで仕上げました

シューズクリップでシューズにもお花をアレンジさせていただきました

お母様がお嬢様とご一緒に、お打ち合わせにいらして下さり
毎回、楽しい時間を過ごさせていただきました
本当にありがとうございます
末永くお幸せに♪

「母と娘の絆スペシャル」
本放送  6月22日 金曜日 22:55-23:24 (東海地方を除く)
東海地方のみ本放送 翌土曜日 10:50-11:19
再放送  7/10(火)2:10~2:38.30 (月曜日の深夜、日付変わって火曜日になります)
国際放送 6月25日 月曜日 22:55-23:24
NHKオンデマンド(放送を見逃した番組をインターネット回線で視聴できるサービス) 6月23日 土曜日の18時から15日間



小柄でキュートで頑張り屋さんの、素敵な花嫁様です。

お母様は、もうご他界されていらっしゃるとの事、大切な大切なウエディングドレスをお持ちいただきました。

デザインは、ちょっとチャイナドレス風。

現代でお召しになられても素敵なようにと、身頃を作り直して、ビスチェタイプへのリメイクです。

よく見ると、百合のようなお花の地織模様があり、

光沢の素敵な生地です。

しかしながら、汚れがかなり浮き出ています。

残念ながら、この汚れは、長年の間に

浮き出てきたものですので、

クリーニングをしても、落ちません。

漂白をすると、そこだけ真っ白に色が抜けてしまい、

この生地の良さが失われてしまいますので、

リメイク時に、なるべく汚れの箇所をお入れしないという

方向でのリメイクとなりました。

丈は元々、少々短めでしたので、わざと素敵なシューズが見えるような、

足首丈のデザインにさせていただきました。

デコルテのカットワークは、元々のドレスのお袖口を活用させていただいております。

シューズは、元々のドレスのお袖から、リメイクさせていただいた、

オーダーメイドのバックベルトパンプスです。

それでも余った生地はすべて、ポケットティシュケースにリメイクいたしました。

これは、ご本人様がご使用になられる分と、

妹様、そしてご主人のお姉さまにプレゼントされるとの事。

きっと、天国のお母さまも喜んで見守ってくださっていることと存じます。